戻る

賛美歌 114番 天(あめ)なる神には

 

 1 

天(あめ)なる神には みさかえあれ、

  地に住む人には 安きあれと、

  み使いこぞりて ほむる歌は、

  静かにふけゆく 夜にひびけり。

 

 3 

重荷を負いつつ 世の旅路に

悩めるひとびと、かしらをあげ、

栄(はえ)あるこの日を たたえうたう

たのしきうた声 ききていこえ。  

     

 2 

今なおみつかい つばさをのべ、

疲れしこの世を おおい守り,

かなしむ都に なやむ鄙(ひな)に、

慰めあたうる 歌をうたう。

 

 

 4 

み使いのうたう やすききたり、

ひさしく聖徒の 待ちしくにに、

主イエスを平和の 君とあがめ、

あまねく世の民 たかく歌わん。